スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今度こそちゃんと トリエンナーレ を見てきました。

会場は4箇所ほどあるのですが、メインの 横浜美術館 と 日本郵船海岸通倉庫 に行ったところで時間切れとなりました。


「 ところで、現代アートってどんなの? 」 


と思われるでしょうが、私にも説明できません (;^。^A

撮影OKだったものを、少しですがご紹介しますので、自己努力で理解の程よろしくお願いいたします^^







2011ヨコハマトリエンナーレ1


横浜美術館に入るとスグあるのがコレ。

一人分の洋服を裂いて巻いた物です。

一巻き一人分。

だから、小さい円は 「 きっと子供だな 」とか

色の組み合わせが おかしい 奇抜な円は 「 どんなコーディネートだったんだ? 」


と鑑賞してきました。

この鑑賞方法であってるのかしら?



その奥(写真の上)にあるのが、 「 オノヨウコさんから生電話が掛かってくるかもしれない電話ボックス 」です

向かいの2階で 望遠鏡 をのぞいている人がいるのがわかるかしら?

うっすら三脚の脚しか見えてませんけど(^^;

あれも作品を見ているのです。



その2階から撮った写真がこちら↓








2011ヨコハマトリエンナーレ2


あぁ、裏だから電話が見えない(^_^;

さっきは向こう(写真の上)に見える、出入り口の上から撮ってました。









2011ヨコハマトリエンナーレ3


沢山の 模造ダイヤ の中に 本物のダイヤモンド がひとつ

と言う作品。









2011ヨコハマトリエンナーレ4


一つ一つの電球が、インターネットで子供とつながっていて、子供が電気をつけるとこっちが消え、子供が消すとこっちが点(つ)く。 という作品。


明るい時間帯だったので電気をつけている子は少ないようで、

ほとんど明かりが灯っていてキレイでした。



この日中に電気をつけている子は、勉強?ゲーム?日当たりが悪い家に住んでいるの?





テレビやスクリーンに映像を写している作品もあって、

ホウキを持って、円になって歩きながら、前の人の足跡を掃き続ける。とかがありました。




全ての展示の中で 一番人が並んでいたのは、(特に映像系は展示室のキャパを越えると並ぶ)

日本郵船海岸通倉庫に展示の

いろいろな映画の時計(時間?)のシーンだけを24時間分集めてつなげた作品 

でした。

毎日14時に見ると毎日同じシーン、それ以外はバラバラ。 ってことらしいです。

探すの大変だったろうなぁ。


見たかったけど、閉館時間が迫っていて「 並んでも見れないかもしれない 」

というのでやめました。



デパートの からくり時計 の代わりに良さそうな作品ですね。



前回来たときよりも人が多かったので、11月6日の最終日に近づくほど混雑しそうです。


近いうちに、日本丸の写真をアップするつもりです。 ではでは~(^^)/~~








いつもお読みくださりありがとうございます^^

更に、ランキングのポチッのひと手間ありがとうございます!

このランキングがモチベーション維持の大きな大きな力になっています。


FC2ブログの方は、是非是非ログインして訪問者リストに足跡を残してくださいね。

私も遊びに行きたいので^^

といっても一日おきぐらいですが、お礼の”ポチっ”もしています。

今日もオラに力をっ! ↓

人気ブログランキングへ



【スポンサーサイト】


雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

出会いたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。